おすすめコミック「空母いぶき」

 ブログをご覧の皆様こんにちは!

 コミック担当より、今月のオススメをお届けです♪


 今月ご紹介するのは、なんといっても今週末に映画版が公開される、あのタイトル。

 「空母いぶき」です。



「空母いぶき」 あらすじ



 20XX年、尖閣諸島沖で海上自衛隊と中国海軍が衝突。

 戦闘は回避したものの、危機感を募らせた日本政府は、

最新鋭戦闘機を搭載した事実上の空母「いぶき」を就役させ、

新艦隊を編成。空自出身の男・秋津を艦長に就任させ、有事に備えることとなった。


 そして「いぶき」就役の翌年、中国海軍は突如として尖閣と先島諸島に上陸。

 島民全員が制圧下に入り、陸自駐屯地も占領されてしまう。


 中国に話し合いの意思がないと見た日本政府は、内閣総理大臣の指揮により、史上初の防衛出動を下令。

 未曾有の緊張感に包まれる中、政府は「いぶき」を中心とした護衛艦群を現場に派遣するが──────!?

「空母いぶき」小学館公式サイト  https://ddv192.jp/

 作者は言わずと知れた軍事漫画の第一人者、かわぐちかいじ氏

 「ジパング」「沈黙の艦隊」「太陽の黙示録」といった、スケールの大きな物語が有名ですね。

 この「空母いぶき」も、かわぐちかいじ氏が得意とするスケールの大きさと緊迫感はばっちり!

 大迫力の自衛隊vs中国軍の戦闘シーンだけではなく、それらを取り巻く政治的な状況や決断も、臨場感たっぷりに描き出します。


 来週末の5月24日には映画版が公開予定。

映画公式サイト  https://kuboibuki.jp/

 主人公である「いぶき」艦長の秋津役を西島秀俊さん、秋津を支える副長役を佐々木蔵之介さん、「いぶき」に乗り込む女性ジャーナリスト役を本田翼さんが熱演されてます。

  他にも玉木宏さん、高嶋政宏さん、市原隼人さんなど、実力派と呼ばれる役者さんが勢ぞろい。

 映画版では敵が正体不明の船団になるなど、原作コミックとはまた違った演出になっています。映画を見る前に、コローレで原作コミックを読めば、映画版のアレンジに気付けて二度おいしいかも?

 原作コミックはビッグコミックで連載中、現在11巻まで出ています。

 話題の作品で気になるけど、11冊も買うのはちょっと…

 そんな時こそコローレです!

 コローレの雑誌コーナーにはビッグコミックも置いてありますので、最新話も楽しめます。バックナンバーもありますよ!



 今週末は映画を見る前の予習に…来週末は見終わった後で余韻に浸りながら…

 充実のドリンクバーとゆったりシートで、快適な時間をお過ごしください。

 皆様のご来店、お待ちしています♪