おすすめコミック「BLEACH」

ブログをご覧の皆様こんにちは! 月に1度のコミック紹介のコーナーです 今月も「今皆様に読んで頂きたいコミック」を きちんと紹介して行きたいと思います 今月ご紹介するのは、こちらのタイトルです! 「BLEACH」

黒崎一護、15歳。 職業:高校生/死神代行  黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。  その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、ある日自らを死神と名乗る少女、ルキアと出会う。  虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊を退治するのが死神の役目だと語るルキア。  死神の存在を信じない一護だったが、自分の目の前で家族もろとも(ホロウ)に襲われてしまう。  とっさの状況の中でルキアから死神の力を借り、(ホロウ)を退治してみせた一護。  だが自分の死神の力を一護に譲渡してしまったルキアは、死神としての能力を失ってしまう。  ルキアの力が戻るまでという条件で、死神の仕事である(ホロウ)退治の仕事を代行することとなった一護。  だがそれは、彼の出生の秘密、そして世界の真実にせまる、長い戦いの始まりだった。  公式サイト http://www.j-bleach.com/

 今月取り上げるBLEACHは、2001年から2016年にかけて週刊少年ジャンプで連載され、一世を風靡したタイトルです。  かつてはワンピースNARUTOとともに少年ジャンプの看板タイトルを担っていた作品であり、アニメや実写映画にもなった作品、ご存じの方も多いと思います。  さて、今月なぜ今BLEACHなのか。  それは今、集英社のウェブサイト「ジャンプ+」で、400話以上が無料公開されているからです。 ジャンプ+ BLEACH公開ページはこちらから!  全74巻のうち、48巻まで無料で読めてしまうんです。  少し前の時代の少年漫画ですが、改めて読み返しても文句なしに面白いんです。  独特の美意識とセンスに満ちた、決め場の格好良さはまったく色あせていません。



 コロナウイルスで外出自粛が求められる昨今、家で退屈していらっしゃる方も多いかと思います。  出かけたいけど、出かけないほうがいい。そんなときは、このBLEACHを読んでください。  なんとなく最初のほうを読みだせば、休みの1日くらいはあっという間に過ぎてしまいます。  今回の無料公開で読めるのは、中盤の山場まで。  一護の出生の秘密、そして大団円が語られる後半は対象に含まれていません。  無料公開の範囲を読み切って、続きが気になると思います。  コロナウイルスの感染拡大が収束したら、ぜひコローレにお越しください。    BLEACHはコローレ全店に在庫がございます。49巻以降の物語の後半を楽しんでいってください。  コローレ各店に設置してあるコミックライブラリーは時間料金に含まれていますので、どなたでも気軽にご利用頂けます。   

 今はお家で物語の中盤までを、外出自粛が解けたころにコローレで物語の最後まで、ぜひお楽しみいただければと思います。  皆様のご来店、お待ちしております。