「コローレ」おすすめコミックのご紹介~『NARUTO』『新世紀エヴァンゲリオン』

コミックの品揃えも豊富なコローレ♪

「何を読もうか迷ってしまう!」という方のために、スタッフおすすめのコミックをご紹介したいと思います!

『NARUTO』

1999年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始、2014年についに最終回を迎えた、岸本斉史原作の人気コミック。単行本は30ヵ国以上翻訳・出版され、国内はのみならず海外でも人気を集めた。

【あらすじ】

体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが、里一番の忍である火影を目指し、数々の試練を乗り越え成長していく物語。

★注目ポイント

連載期間15年、全700話、単行本の累計発行部数全世界で2億部!世界中の人々を魅了した『NARUTO』がついに最終回を迎えました!ナルトと仲間たちとの出会い、サスケvsイタチ、ナルト出生の真実など…数えきれないほどの名場面がある『NARUTO』!最終巻発売前に、もう一度1巻から読み返してみてはいかがでしょうか?

『新世紀エヴァンゲリオン』

1995年、アニメに先行する形で「月刊少年エース」で連載を開始。その後、「ヤングエース」へ移籍し、2013年7月号にて連載完結。2014年11月に最終巻となるコミックス14巻が発売された。

【最終巻あらすじ】

人類補完計画の発動により、人々は次々に生命の源である“LCLの海”へと還元されていく。

シンジは現実での苦しみや悲しみから解放された、誰もいない世界を望む。そんなシンジに、レイは問いかける。幼かった頃、これまでネルフで過ごした日々、そして、かつて母・ユイと交わした大切な約束を思い出して行くシンジ。果たして彼が最後に下す決断とは……。

 ★注目ポイント

コミックのストーリーは、TVアニメ版に沿ったものではありますが、キャラクターの性格や背景となる設定の違いなど、別の作品かと思うほど違う点も多くあります。しかし、活字になっている分、アニメや劇場版では分かりにくかった難しい用語もしっかり追っていけるので、よりエヴァの世界観が楽しめるかもしれません!コミックオリジナルのクライマックスにも注目です♪

今回ご紹介した2作品は、どちらも日本を代表する人気漫画☆

まだ読んだことがないという方、ぜひコローレにご来店いただきお楽しみください!