コローレで卓球を楽しんでみませんか?〜後編〜 つっつき?チキータって何?

卓球って、気軽にできるからこそ、グループに経験者が居るとひとり勝ちになってしまいがち。

未経験者だけでなんとなく打ってるだけだと、まぐれ当たりがマンネリ化してイマイチ爽快感がない。


そんな事を感じた時に、この記事で紹介するちょっとしたコツを実践していただけば、あっという間にみんなの注目の的間違いなし!

そして、そのちょっとしたコツをお友達にも教えてあげれば、ワイワイ楽しめる時間に早変わりしますよ!!


そのちょっとしたコツとは、ズバリ、ボールに回転を付ける事!!

強回転をかける事で、自分がレシーブした球の軌跡が左右上下に曲がったり、打ち返された時に、相手の思う方向にコントロールさせないという効果が生まれるんです☆


だから、その回転はどうやってかけるんだよ(ㆀ˘・з・˘)というお声が聞こえてきそうなので、早速ご説明しますね!


一般的に、下回転のレシーブを「つっつき」と呼びます。

返球の際に、ラケットの打面を垂直よりも少し上向きに寝かして、球の下半分をこする様に前に送り出す事で下回転が生まれます。

相手が普通に打ち返そうとすると、ネットに掛かってしまうので、つっつきにはつっつきで返すのがセオリー。

※動画はつっつきの打ち方です。



とは言え、「ドライブ」や「チキータ」で返されてしまうと回転の強さで競り負けてしまう事も……


「チキータ」は伊藤美誠選手の活躍と共に一躍有名になりましたね!

でも、中継を見ていても、早技過ぎてどれがチキータ?という事が多い様。早速解説していくので、ぜひ参考にしてみてください☆


ざっくり説明すると、チキータは、

バックハンドで強く上回転(横回転)をかけたレシーブ、です。

体の中心よりラケットを持っていない側に来たボールを返球するのがバックハンド。

このバックハンドで返球する際に、ラケットの打面を垂直より下向きに構え、手首のスナップで球の手前部分から上に向かって覆いかぶせる様にこすり上げるのが、チキータです!


中には、すべての回転を強打でなかった事にできるパワーファイターが稀に存在するので、それはそれで強敵として切磋琢磨してみてくださいね(´∀`;)


ぜひコローレの卓球場で、かっこよくチキータをきめてみてください!

みなさまのご来店をお待ちしています♪